柿野ブログ

柿野+ブログという新しい試み。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PROFILE
ニュースやネタから、柿野が思ったことをつらつらと。
mixi
twitter
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
Bookshelf
Goods
 
マキマキ
マキマキ
価格:1,200円(税込)
 
 
SDメモリーカード 2GB
SDメモリーカード 2GB
価格:498円(税込)
 
 
 
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
年ごろの娘はどうしてお父さんを嫌ったりするの?←本能として、避けないとヤバい
JUGEMテーマ:ニュース


【コラム】 年ごろの娘はどうしてお父さんを嫌ったりするの?

「優しさ、カワイさが魅力的な人。あとは、年上が好き」

 今年デビューした明石家さんまと大竹しのぶの娘、IMALU。彼女がトークイベントで話した理想の男性像は「もしかして、それってお父さんみたいな人…?」という内容でした。

 が、その質問を向けられると「そんな感じではないです」とバッサリ。男たるもの、娘に「結婚するならパパみたいな人!!」と言ってもらいたいものですが、現実はなかなか厳しいものがあるのかもしれません。

 2008年5月に『L25』が行った父親に関する調査では、「結婚するなら父親みたいな人がいい?」という質問に対し、「いいえ」という回答がなんと約6割に上りました。

 女性が父親を男性として魅力的に感じないのはなぜなのでしょうか? その理由やきっかけについて、20〜30歳の女性にアンケートをとりました。すると、浮かび上がってきたのはこの2つ。

1・説教臭い、(一方的に)意見を押しつける
2・プライベートへの口出し

 ほかにも、見た目のだらしなさや清潔感の欠如を指摘する意見もありましたが、この2つはほぼすべての回答に含まれていました。

 また全体を通して、「小さなころは父親が好きだったのに、小学校高学年や中学生あたりからうとましく感じるようになった」という傾向も浮き彫りに。どうやら思春期になると、娘にとって父親は口うるさく、うっとうしい存在に変わるようです。

 う〜ん、モテパパとしての明るい未来を妄想するボクとしては、思春期の娘ともラブラブな関係を続けられる方法を探りたいのですが…。こんな煩悩を『子育て ハッピーアドバイス』の著者である精神科医の明橋大二先生にぶつけてみたところ、「それはあきらめた方がいいですよ」とのお話が。先生! なぜですか?

 「女子は小学校高学年あたりから思春期に入り、自立心が強く芽生え始めます。そこで、今までとても立派な存在と感じていた父親に対しても、多少不潔に感じたり、様々な疑問を抱いたりするもの。基本的に、娘は父親より母親と良好な関係を築きやすいので、この時期に娘が父親と距離を置くのはある意味健全な行為なのです。逆に、思春期に入っても父親とべったりしている場合は要注意。幼少期のスキンシップ不足などから父娘間での信頼関係が十分に育まれておらず、それを思春期に取り返そうとしているとか、母娘の関係が悪いために父親離れが遅れているケースなど、心の成長に何らかの不具合が起きている可能性があります。もちろん子どもにとっては、それも必要なプロセスなんだけど…」

 なるほど。では、娘が思春期に入って父親に冷たくなったとしても、それはむしろ健全な成長として温かく見守るべきなのですね。

 でも、距離を置かれるのと、嫌われるのは似て非なるものです。思春期の娘といい関係を築くにはどうしたらいいのでしょうか。パパになる悩みのタネは尽きません(まだ結婚すらしていませんが)




男性に警戒心を持つ練習というか、本能が働いているんだと聞いたことが。

または、自分の遺伝子と近い遺伝子を持った物を避け、近親交配の危険を避けているとかも。

男の子も女の子も、中二病というか、黒歴史みたいな時代はあったほうが人の気持ちがわかるようになるし、人並に父親を避けるのがちょうどいいのかもね。


人気ブログランキングへ
きれいな父親が手に入る!!
スポンサーサイト
- | 11:04 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kakinoblog.jugem.jp/trackback/81